Word 2013でワイルドカード(正規表現)を使った文字列置換を行って、自動点訳しやすい文書にする #点字

点訳支援ソフトExtraなどを使うと、Wordの文書(.docxファイル)を点字データに変換することができますが、Word文書のままで少し編集しておくと、後の点字データの修正が楽になります。

たとえば行頭や行末の空白を削除したり、段落途中の改行を削除したり、あるいは見出しや箇条書きについた番号の書き方を変更するなどです。

この作業をWordの文字列置換機能使って、ある程度まとめて行うことができます。

またWord 2013では「ワイルドカード(正規表現)」という特殊な記号を使った文字列置換ができます。

「正規表現」はプログラミング言語やソフトによって少しずつ記号や使い方が異なっていますが、このWordのワイルドカード(正規表現)も、他の正規表現と違う記号や使い方があります。

Wordでワイルドカード(正規表現)を使った文字列置換を行う設定

  1. Ctrl+hで「置換」を開きます。
  2. Alt+mでオプションを表示します。
  3. Alt+uで「ワイルドカードを使用する」をチェックします。

Alt+aですべて置換します。

Escで「置換」を閉じます。

空白文字(半角・全角スペースとタブ)を削除する

ワイルドカード置換ができる状態で、次のようにするとスペースとタブをまとめて削除できます。

  • 「検索する文字列」に「^t  」(tの後に半角スペースと全角スペース)
  • 「置換後の文字列」に「」(何も指定しない)

改行の後(次の行の先頭)に半角スペースを2つ入れる

点字では段落の先頭を2マスあけるので、行の先頭に半角スペースを2つ入れておきます。

次のようにします。

  • 「検索する文字列」に「^13」
  • 「置換後の文字列」に「^13 」(13の後に半角スペースが2つ)

^13が改行を表しています。

これだと1行目の先頭には2つのスペースは入りませんが、Wordのワイルドカードで行の先頭を表すことができないようなので、こうしました。

うまく使えれば、楽に確実に目的にあった形に文書を変更できると思います。

参考

関連投稿