スクリーンリーダーNVDAのUnicode点字入力アドオン「UnicodeBrailleInput」 #点字

「UnicodeBrailleInput」というNVDAのアドオン(拡張機能)を使うと、Unicode点字を入力することができます。

入力された点字は音声で「1 2 3 4 5 6の点」などと読み上げられます。点字ディスプレイが接続されていれば点字として表示されます。

Wordやメモ帳やウェブページのテキスト入力エリアなどどこでもUnicode点字を入力できます。

たとえば点字の「あいうえお」と入力したいとき、UnicodeBrailleInputでは次のように点字の点の数字を使って入力します。

  1-12-14-124-24

点字で「あ」は1の点、「い」は1と2の点、「お」は2と4の点です。Unicode点字に変換すると次のようになります。

  ⠁⠃⠉⠋⠊

数字の入力と文字の区切りの-(マイナス)の入力を、デスクトップパソコン用のキーボードなどにあるテンキーで行うと、ちょうど点字を左に傾けた形で1から6の数字を入力できるので、点字の形をイメージしながら素早く入力できます。

UnicodeBrailleInputアドオンの使い方

  1. Ctrl+無変換(またはインサートキー)+u を押して、点字の点の数字を入力する画面を開く
  2. 点字の点を数字で入力し、1文字ごとに-(マイナス)で区切って入力する
  3. エンターキーを押して入力画面を閉じる
  4. Ctrl+vでUnicode点字を張り付ける

参考

関連投稿