「簡易点字入力機(wentwayup WebLog)」、テンキーで点字の位置の数字を入力するとUnicode点字に変換できるウェブページ #点字

パソコンのキーボードのテンキーでUnicode点字が入力できるページがあります。

というサイトです。

テンキーの数字キーを6点の点字の点の並びに見立てて、その位置の数字キーを入力して、対応する点字に変換します。

●テンキーの数字と点字の並びの対応の表:

たとえば「あ(⠁)」は1の点(左の列の一番上)なので「7」と入力します。

「さ(⠱)」は1 5 6の点(左の列の一番上)と5 6の点(右の列の真ん中と下)なので、752と入力します。

そして「め(⠿)」は、741852と入力します。

1文字分の数字を入力後に半角スペースを入力します。

たとえば「こんにちわ(⠪⠴⠇⠗⠄)」は、「482 152 741 7415 1 」とスペースを後ろにつけながら入力します。(ちなみに点字のルールでは「こんにちは」の「は」は音の通り「わ」と書くことになっています。)

変換結果はUnicode点字で表示されるので、範囲選択してコピーすればWordやメモ帳へ張り付けることができます。

また画面で目で確認できるだけでなく、WindowsパソコンとスクリーンリーダーNVDAやMac OSやiOSのスクリーンリーダーVoiceOverなどと、対応する点字ディスプレイで、手で触れて確認することができます。

これはとても素晴らしいアイデアだと思います。

点字に変換することができるウェブサイトや、AndroidやiOSのアプリは検索すると沢山出てきますが、ほとんどは目の見える一般の人が点字を理解するためのものです。

また「点字方式で」、「一般の文字」(「墨字」と呼ぶことがあります)を入力するアプリも多くあります。このようなアプリ、たとえばiOS8のアクセシビリティ機能の点字入力などで、入力した結果は一般の目で見る文字、墨字です。

しかし、このスクリプトでは点字方式で入力して、指で触れて確認できる点字を表示できるスクリプトになっています。

また、点字の点の番号とテンキーの数字を対応させるのではなく、点字の点の並び(横2列、縦3団)に対応させているところもとてもよいと思います。点字を点の並びとして記憶していれば、直感的に入力できます。

参考

関連投稿