WordやMac OSで文字コードを指定してUnicode点字(⠟⠴⠐⠳)の入力 #点字

MicrosoftのWordやAppleのMac OSで文字コードを直接指定する形で、Unicode(ユニコード)点字を入力することができます。

Unicode点字の文字コードについてはウェブで検索すると一覧表が出ています。

Word(Windows)の場合

16進コードの場合、たとえば半角で283fと入力後にAltを押しながらxとすると、点字の1 2 3 4 5 6の点に変換されます。

2821 Alt+xなら1と6の点に変換されます。

10進コードの場合、Altを押したままテンキーの+、10303、Altをはなすと入力されます。

スクリーンリーダーNVDAの音声や点字ディスプレイで何の点かを確認できます。古いバージョンのNVDAでは、点字ディスプレイに表示するとき、点字出力テーブルをアメリカ英語1級などに変更しなければなりませんでしたが、最新のNVDAでは日本語テーブルのままでUnicode点字を表示できます。

Mac OSの場合

  1. 言語とテキストの入力ソースで「hex unicode input」をチェックしておく。
  2. コマンドキー+スペースでhex unicode inputの入力に切り替える。
  3. オプションキー+283fのように入力する。

VoiceOverでは点字の何の点かを読み上げてくれます。

点字ディスプレイでの表示は、点字出力テーブルをアメリカ英語などにするとできます。

日本語の点字テーブルではできません。

参考

関連投稿