iPhoneのボイスオーバーでiBooksの縦書きの本を何とか読むための指の使い方、画面の右端の真ん中当たりをタップして連続読みで抜ける部分を読み上げさせる #vojp #iBooks #アップル #電子書籍

村上春樹の小説などiBooksの縦書きの書籍をボイスオーバー(VoiceOver)で読み上げさせると、ページの一部が抜け落ちてしまいます。その抜ける部分を手動でタップしながら、どうにかこうにか、内容を聞くことができます。

どのページも必ずこれで読めるのか、どの本でもできるのかは不明です。おそらく、これでも読み飛ばしてしまう部分が出てくるとは思いますが、そのまま連続読みさせるよりはだいぶカバーできると思います。

iBooksの書籍をボイスオーバーを使って読む場合、縦書きの本も、横書きを読むときと同じページめくりの動作になります。

次のページへ進めるには3本指で右から左へフリックし、前のページへもどるには左から右へフリックします。(縦書きの本をめくる動作とは反対になっています。)

iPhoneを縦長の向きでもって、画面の真ん中で、2本指で上へフリックするとその位置から連続読みが始まります。

ページが変わるとき、「ピッ」と音がしてそのまま読み上げが続くのですが、このときページの最初の部分を読み飛ばしてしまいます。そこで次のような指の動きで、読み上げさせていくと、比較的スムーズに内容を聞くことができます。

iBooksの縦書きの電子書籍を、視覚障害者向けアクセシビリティ機能ボイスオーバーで読むときの指の動かし方の工夫

書籍を開き、画面の真ん中で2本指の上フリックで連続読み上げ開始した後:

1.「ピッ」と音がしてページが変わったら、画面の右端の真ん中を1本指でタップ。
2. 「何ページ中の何ページ」という音声に続き、タップした部分の文章が読み上げられる。
3. 右端の文章の読み上げが終わったら、また画面の真ん中で2本指の上フリックをして連続読み開始。

これを繰り返します。

全盲の私がボイスオーバーの音声の読み上げだけでiBooksの本を聞くときは、フォントサイズを最小にして、1ページの文字を最大にした方が、一度に読み上げられる量が多いので便利です。

また気になる箇所を引用してメモを作りたいときは、3本指の4回タップで読み上げた部分をクリップボード(ペーストボード)に送る機能が使えます。

参考

関連投稿