漢点字の図書、サピエ図書館に登録されているもの

通常広く使われている点字は、仮名だけで表記されていますが、点字で漢字を表す方式が2つ考えられています。「六点漢字」と「漢点字」です。

ボランティアの方々が多くの漢字の点字の図書を作成してくださっています。

私自身は六点漢字、漢点字どちらの方式も自由に読み書きできるほど習得はしていませんが、いくつか覚えている漢字の点字だけでも、漢字交じりの日本語を点字で読めることは感動的です。

目の見える人にとっては当たり前で何でもないことですが、仮名だけの点字で文章をずっと読んできた私にとってはとても楽しい経験です。

下記の図書はサピエ図書館からデータとしてダウンロードしてウ読むことができます。

タイトル 著者
味を訪ねて 吉村 昭
光線 村田 喜代子
長門守の陰謀 藤沢 周平
みやぎ地名の旅(河北選書) 太宰 幸子

すべて宮城視覚障害者情報センターの点訳です。

データ形式は拡張子が.opbの、「漢点字編集システムOpwBE」で作られたものです。

KGS社の点字ディスプレイで読むことができます。

参考

サピエ図書館
通常の仮名の点字以外に漢字の点字の図書も登録されています。
宮城県視覚障害者情報センター
「図書の種類」のリンクで、点訳図書、録音図書、点訳絵本などを写真入りで説明しています。
宮城県視覚障害者情報センター点訳相談
宮城県視覚障害者情報センターのブログ。
漢点字編集システムOpwBE
漢点字の点訳図書を作るためのソフト。お試し版のダウンロードができます。

関連投稿