iPhone 「点字画面入力」での記号の入力、プラスは5の点と2-3-5の点など統一英語点字モードで入力 #点字 #vojp

iOS8のときよりとても使いやすくなっている点字画面入力ですが、プラス(+)やアンダーライン(_)やシャープ(#)など記号の入力がよくわからなかったので、調べてみました。

VoiceOver(ボイスオーバー)の「ローター」設定で「点字画面入力」を設定することで、iPhoneの文字入力のところで点字方式での入力ができるようになります。

「キーボード」が日本語ローマ字など、日本語のときは、ひらがなが入力できます。

キーボードが「English (Japanese)」など英語のとき、アルファベットや数字、記号を点字方式で入力できます。

この英語点字の入力には「English US(アメリカ英語点字)」と「English Unified(統一英語点字)」での入力ができますが、「English Unified(統一英語点字)」の方が使いやすそうです。

英語点字入力の設定は、言語設定をEnglish(英語)にしてから行います。日本語設定のときにはこの設定項目が表示されません。

「点字画面入力」での英語点字の設定

  1. まず「iPhoneの使用言語」を「English 英語」に変更します。(統一英語点字の設定が終わったらまた元に戻します。)
  2. 「Settings」→「General」→「Accessibility」とたどり、「VoiceOver」の設定を開きます。
  3. 「Braille」の中の「Braille Translation」を開き「English (Unified)」を選択します。

これで、iPhoneの言語設定を日本語にもどしても、英語キーボードを選択して、点字画面入力をすると、統一英語点字での入力になります。

統一英語点字モードでの記号の入力の仕方

日本でふつう使われている点の組み合わせとは違うものがあります。

1マスで入力できるもの

記号(読み方) 点の番号 ユニコード点字
,(コンマ) 2の点
‘( アポストロフィ) 3の点
“(コーテーションマーク) 3-5-6の点
;(セミコロン) 2-3の点
.(ピリオド) 2-5-6の点
*(アスタリスク) 1-6の点
/(スラッシュ) 3-4の点
-(マイナス) 3-6の点
!(感嘆符) 2-3-5の点
?(クエスチョンマーク) 1-4-5-6の点

2マスで入力できるもの

記号(読み方) 点の番号 ユニコード点字
+(プラス) 5の点と2-3-5の点 ⠐⠖
=(イコール) 5の点と2-3-5-6の点 ⠐⠶
_(アンダーライン) 4-6の点と3-6の点 ⠨⠤
@(アットマーク) 4の点と1の点 ⠈⠁
^(べき乗) 4の点と2-6の点 | ⠈⠢
~(チルダ) 4の点と3-5の点 | ⠈⠔
<(小なり) 4の点と1-2-6の点 ⠈⠣
>(大なり) 4の点と3-4-5の点 ⠈⠜
((まるかっこ 開き) 5の点と1-2-6の点 ⠐⠣
)(まるかっこ 閉じ) 5の点と3-4-5の点 | ⠐⠜
#(シャープ) 4-5-6の点と3-4-5-6の点 ⠸⠹
|(縦線) 4-5-6の点と1-2-5-6の点 ⠸⠳

記号の読み方がiOSボイスオーバーとNVDA(Windows用のオープンソースのスクリーンリーダー)では異なるものがあります。たとえば:

ボイスオーバー NVDA
アポストロフィ シングル
キャレット べき乗
ハイフン マイナス
こめじるし アスタリスク

これらの記号を点字画面入力で使えると、パスワードを点字方式で入力できますし、Spotlight検索で2^10*128/3のような式を入力して計算することができて便利です。

参考

関連投稿