markdownの書き方

markdownはhtmlを簡単なマークアップで作るためのものですが、WordPressの記事作成に使えたり、pandocを使ってWord文書に変換することなどができて便利です。

markdownの書き方

見出し(h1 h2 h3)は#。その数で見出しのレベル。1つならh1、2つならh2になる。

# 見出しレベル1

## 見出しレベル2

箇条書き <ul> <li>-(半角のマイナス)を項目の前につける。

- 箇条書き項目1
- 項目2
- 項目3

数字付箇条書き<ol> <li> は、1. 2. 3.などを項目の前につける。

1. 項目1
2. 項目2
3. 項目3

リンク( <a href は、

[サイトの名前](http://www.url.com/)

のようにする。

画像 <img src> は、

![代替えテキスト](http://picture.jpg)

のようにする。

<table> <tr> <td> は、

| 項目名1 | 項目名2 |
| ------- | ------- |
| 中身1 | 中身3 |
| 中身2 | 中身4 |

のようにする。

markdownのマークアップとして変換したくないときは、divで囲む。

引用するときは>を先頭につける。

htmlのタグなどをそのまま出力したいときは`(半角のアクサングラーブ)で囲む

参考

関連投稿