Android Studioとcordovaを使って、htmlをAndroidのアプリ.apkファイルに変換する #tb_jp

AndroidやiOSのアプリの開発ツール「cordova(以前はphonegapと呼ばれていた)」と、Androidの開発ツールAndroid StudioをインストールするとhtmlファイルをAndroidのアプリの.apkファイルに変換できます。



たとえば、htmlのa hrefタグのリンクでmailto:や、tel:、sms:を使うと簡単な連絡先アプリを作ることができます。リンクをタップするとそれぞれ、メールや、電話、SMSのアプリが起動します。

ただのhtmlのまま端末にコピーもできますが、アプリの形になっていると便利なこともあります。



必要なソフトのインストール

下記からNode.jsをダウンロードしてインストール。





コマンドプロンプトで


npm install -g cordova


と実行。これでcordovaがインストールされる。

次にAndroid Studioを下記からダウンロード・インストール。





またJava SE Development Kitもインストールします。

これでcordovaでAndroidのapkファイルを作ることができます。



cordovaでhtmlを.apkに変換

まずcordovaで使うフォルダを作り、そのフォルダをコマンドプロンプトで開く。たとえばmyappとすると


d:
cd myapp


次にcordovaのプロジェクトを作る。たとえばアプリ名を「renrakusaki」とすると


cordova create renrakusaki com.example.renrakusaki renrakusaki


できたフォルダrenrakusakiに移動する


cd renrakusaki


次にプラットフォームをAndroidにする


cordova platform add android


renrakusakiフォルダの中にあるwwwフォルダにあるhtmlやcssやjavascriptファイルなどをすべて削除して、自分の作ったhtmlファイルと入れ替える



スマートフォン端末をパソコンと接続して次を実行


cordova run android


これで変換された.apkファイルが端末にインストールされます。



参考




関連投稿