視覚障害者(全盲)がお札の種類、千円や一万円などを知るためのシート

シートに合わせると1,000円、2,000円、5,000円、10,000円の区別ができます
紙幣区別シート

最近はスマートフォンのアプリで、いくらの紙幣なのか音声で教えてくれるものもありますが、私は区別するためのシートを使っています。

これは一万円札と同じ大きさの薄くて柔らかいプラスチックのシートで、片側が段々になっており、5,000円、2,000円、1,000円の大きさに合うようになっています。

紙幣をこのシートの段々、ギザギザの部分に合わせて、一番長いところに合えば一万円、一番短いところに合えば千円ということが分かります。

また、このシートには視覚障害者が宅配の受け取りなど、サインをするときのガイドになる枠の切込みもついています。これも便利です。

参考

関連投稿

  • 関連投稿無し