midiをMusicXMLで保存したり、MusicXMLをmidiに変換したりできる無料の楽譜作成ソフト「Finale NotePad」

MusicXMLと点字楽譜について

MusicXMLは、自動点字楽譜翻訳ソフトで点字楽譜データに変換できるので、視覚障害者には便利な形式です。もちろん機械的な翻訳なのでボランティアの方が点訳されたような読みやすい楽譜ではなく、ある程度の内容を知ることができるくらいの楽譜になりますが。

ネット上には著作権の切れた曲など、MusicXMLの楽譜やmidiデータがいろいろ公開されています。”musicxml 曲名”のキーワードで検索すると見つかることがあります。

Finaleについて

Finaleは、スコアメーカーなどと同じく、一般の楽譜作成ソフトとしてよく使用されているソフトで、もしFinaleで作成された楽譜データがあれば、MusicXMLに変換して点字楽譜に自動点訳、ある程度ですが、できます。

Finale Notepadは機能が限定された無料版のソフトです。Finaleで作成されたデータだけでなく、midiファイルも読み込むことができます。

midiファイルをこのFinale NotepadでMusicXML形式に変換して、点字楽譜翻訳ソフトで点字楽譜に変換することができます。

またMusicXMLファイルを読み込んでmidiで再生できるので楽譜の内容を音で確認することができます。

Finaleのメインの機能の楽譜作成については、視覚障害者がスクリーンリーダーで使うことはできませんが、別のソフトでmidiを作り、それを読み込んで印刷することで、簡単な楽譜なら作ることができるかもしれません。

MusicXMLの楽譜作成は、「MuseScore」というソフトをスクリーンリーダーNVDAで使用することで視覚障害者(全盲)にも、ある程度ですが、可能です。

また「Lilypond」というソフトは楽譜を全てテキストファイルに文字列のコマンドとして書いて変換する形なので、視覚障害者にも、より細かい指定をした楽譜を作成することができると思われます。

参考

横浜国立大学 点字楽譜自動翻訳システム(BrailleMUSE)
MusicXMLファイルをアップロードするとbase形式の点字楽譜データに変換できます。
FreeDots — MusicXML to Braille Music translation
MusicXMLを点字楽譜データに変換するソフト。
LilyPond ? みんなの楽譜作成
テキストファイルに c4 d8 e8 f2 のような文字を入力して五線譜の楽譜を作成するソフト]
Sheet music sharing MuseScore
フリーの楽譜作成ソフトMuseScoreのユーザーが作成したMusicXMLの曲がいろいろダウンロードできます。MuseScoreはスクリーンリーダーNVDAやMac OSのVoiceOverで使えるようです。
Avaliable transcriptions, transcriptions share-point
チャーリー・パーカーやジョン・コルトレーンの曲など、ソロのトランスクリプト楽譜の一部分のMusicXMLがダウンロードできます。

関連投稿