点字楽譜作成・midi/MusicXMLでの保存ができるソフト「B’Score(ビースコア)」と「Braille Music Editor 2(BME2)」

点字楽譜について

点字で「あいうえおなどの仮名以外に、数字やアルファベットを表すことができますが、「ドレミファソラシ」の楽譜を表すこともできます。

仮名の点字の「すさけせしこそ(⠹⠱⠫⠻⠳⠪⠺)」は4分音符の「ドレミファソラシ」で、「ルラエレリオロ(⠙⠑⠋⠛⠓⠊⠚)」は8分音符の「ドレミファソラシ」になります。

この「ルラエレリオロ」は、点字の数字として読むと「4567890」になり、アルファベットとして読むと「defghij」になります。

元々フランスのルイ・ブライユという人が点字を作ったときに、まず点の組み合わせの順番を決めて、その順番に、アルファベットや数字や楽譜の記号を当てはめて作ったので、こうなっています。

「ちょうちょう」の楽譜「ソミミー、ファレレー、どれみふぁそそそー」を点字楽譜で表すと次のようになります。

⠓⠋⠫ ⠛⠑⠱ ⠙⠑⠋⠛ ⠓⠓⠳

仮名の点字として読むと次のようになります。

りえけ れらさ るらえれ りりし

音符の音の高さと長さの基本的な記号を覚えることは、仮名の点字を習得している人にとってそれほど難しくはありません。

ただ、実際の楽譜には和音や複数のパートや、音の細かな表情の指定や繰り返し記号など、本当に複雑な記号がいろいろあり、それを理解して点字楽譜を読めるようになるのはとても難しいです。

パソコンでの点字楽譜作成と点字楽譜方式でmidiやMusicXMLを作成できるソフト

現在一般の本を点訳する作業はパソコンの点字編集ソフトが使われています。

点字楽譜も同じ点字なのでこの点字編集ソフトを使って作ることができますが、点字楽譜作成専用のソフトがあります。日本の会社の「B’Score(ビースコア)」と外国の「Braille Music Editor 2」というソフトです。

「ビースコア」は、点字楽譜を使って音楽を作りたい視覚障害者には最高のソフトです。スクリーンリーダー(画面読み上げソフト)の音声で入力されている音符を確認したり、midi演奏で音を聞くことができるだけでなく、もしパソコンに点字ディスプレイを接続すれば指で触れて点字を確認しながら点字楽譜の編集をすることができます。

「ビースコア」では点字楽譜の作成に加えて、目の見える人のための一般の五線譜の作成や、midiデータやMusicXML形式での保存もできます。midiやMusicXMLは他のいろいろな音楽ソフトに読み込んで利用することができます。

「ビースコア」が対応しているスクリーンリーダーはPC-Talker(PCトーカー)とフォーカストークで、対応している点字ディスプレイはKGS社から以前販売されていたブレイルノートのシリーズです。

スクリーンリーダーNVDAには対応していません。

ビースコアにはいくつかバージョンがありますが、MusicXML出力ができるビースコアX V4は21,600円で、サイトから3か月使える体験版をダウンロードできます。

BME2(Braille Music Editor 2)の特徴

「BME2」は英語のソフトで、歌詞など日本語が使えないのですが、スクリーンリーダーNVDAとNVDAが対応している点字ディスプレイで点字楽譜表示ができます。

「BME2」が正式に対応しているのはスクリーンリーダーJAWS(ジョーズ)ですが、BME2の体験版で試したところ、NVDAで使用することができました。ただし、音声での音符の確認ができないので、点字ディスプレイ無しでは使用できません。JAWSの場合は音声だけでも使用できると思われます。

KGS以外のNVDAが対応している点字ディスプレイを持っていて、点字楽譜のソフトが必要な場合に、このBME2が使えると思います。

ビースコアと同じく、点字楽譜の作成に加えて、midiやMusicXMLの作成が可能です。

楽譜の入力のほとんどは、パソコンのキーボードを点字のタイプライターに見立てて、「sdf jkl」のキーで6点点字方式で「すさけせ しこそす」と入力していきます。

いくつか特別な操作があり、調合や拍子、速度の入力の前には次のような操作が必要です。

  • mキーを押して、速度を入力。たとえば1分に4分音符100個なら、mキーを押して表示されるダイアログで、「⠹⠶⠼⠁⠚⠚」と点字楽譜方式で入力。
  • yキーを押して、調合を入力。たとえばフラット3つなら、yキーを押して表示されるダイアログで、「⠣⠣⠣」と入力。
  • tキーを押して、拍子を入力。たとえば4分の2拍子なら、tキーを押して表示されるダイアログで、「⠼⠃⠲」と入力。

ビースコアではカタカナで日本語の歌詞のパートを作ることができますが、BME2では英語の歌詞しか入力できません。

BME2は350ユーロ(1ユーロを137円とすると、48,000円くらい)でライセンスを購入できるようです。

2か月間使用できる体験版をサイトからダウンロードできます。

参考

広告

[amazonjs asin=”B008Q3BJ0S” locale=”JP” title=”点字器ストラップ”]

関連投稿