テキストファイルにコード進行を書いてMusicXMLのコードチャートやBand-in-a-Box形式や、LilyPondのファイルに変換できるソフト、「MyJazzBand 2 Lite」

「Band-in-a-Box(バンド・イン・ア・ボックス)」はコード進行を入力して、スタイル(アレンジのジャンル)を選ぶだけで、ドラム・ベース・キーボード・ギターのパートがコードとスタイルに合わせてアレンジされた、曲の伴走のmidiを作成できるソフトです。ベーシック版が13,500円の有料のソフトです。

midiだけでなく、「リアルトラック」という実際の楽器の演奏を録音した、ループ素材のようなものを、コードに合わせて合成した曲データも作ることができます。

いろいろなスタイルのリアルトラックが沢山セットになっているパッケージほど値段が高くなります。

視覚障害者(全盲)でもJAWSやNVDAなどのスクリーンリーダーの読み上げを頼りに使用することができます。

JAWSの場合は専用のスクリプトがあり、細かい読み上げもできるようです。

NVDAの場合は細かい読み上げには対応していませんが、Shift+エンターキーで音で確認しながらコードを入力して、スタイルを選択するという基本的な機能は使用することができます。

MyJazzBand 2 Lite (マイジャズバンド 2 ライト)について

「MyJazzBand 2 Lite(マイジャズバンド2ライト)」はテキストファイルに「| Cmaj7 Am7 | Dm7 G7b9|」などとコード進行を書いたものを、4拍子のスイングのリズムで、ドラム・ベース・ピアノの伴奏のmidiに変換するソフトです。Windows版とMac OS版もあります。

Band-in-a-Boxのスイングジャズのスタイル1種類だけが作れるソフトのような感じです。

Andrew Choiという方が公開しているソフトで無料で使用できます。

もちろん数万円もするBand-in-a-Boxと比較できるものではありませんが、これだけのことができるソフトが無料で使用できるのもすごいと思います。

たとえば次のようなテキストファイルを作り、sample.mjbというファイル名で保存します。中身はテキストファイルですが、拡張子は.mjbまたは.toeでなくてはなりません。

Name: Sample chord pattern
Meter: 4/4
Style: Swing
Key: C
Tempo: 110
Chorus: bars 1 to 8 (repeat 3 times)
Sections: 1A
| Bm7b5 E7 | Am7 Dm7 | G7b9 C | Gm7 C7 |
| F G7 | Em7 Am7 | Dm7 G7 | CMaj7 |

Windowsのコマンドプロンプトで次のように実行します。(ドラッグ・ドロップでも変換できるようです。)

mjb2lite sample.mjb

書き方にエラーがなければ、sample.mjb.midというファイルができます。

テキストファイルに書かれている項目の意味は:

  • Name: 曲のタイトルです
  • Key: 曲のキー、C(ハ長調)とかF(ヘ長調)とか
  • Tempo: テンポ(1分間の4分音符の数)
  • Chorus: bars 1から何小節まであるかと繰り返しの数

後は| で1小節を囲んでコード名を書いていきます。

C F Em CMaj7 Am7 Bm7b5 G7b9 などの書き方が使えます。Maj7のMは大文字で、小文字だとエラーになります。

4/4拍子とSwingというスタイルは固定で変更はできません。(このソフトの有料版を作成中とのこと、有料版では変更できるのかもしれません)

ChartTranslate(チャートトランスレート)について

同じ作者のソフトで、ChartTranslate(チャートトランスレート)というのがあり、これは上記の形式のテキストファイルをMusicXMLのコードチャートや、LilyPond(リリーポンド)形式や、Band-in-a-Box(バンド・イン・ア・ボックス)のデータに変換するソフトです。

LilyPond以外の形式は相互に変換できるようです。たとえばMusicXMLのコードチャートをMyJazzBand2のテキストファイル形式に変換したり、Band-in-a-BoxのデータをMusicXMLに変換するなど。

MyJazzBand2の.mjbファイルをBand-in-a-Boxのデータに変換するには、コマンドプロンプトで次のようにします。(ドラッグ・ドロップでもできるようです。)

charttranslate -t biab sample.mjb

MusicXMLのコードチャートに変換するには次のようにします。

charttranslate -t xml sample.mjb

-tオプションにつづけて変換後のファイルのタイプを指定します。指定できるタイプは:

  • biab – Band-in-a-Boxのデータ
  • xml – MusicXMLのコードチャート
  • toe – MyJazzBand2形式のテキストファイル
  • ly – LilyPondのソースファイル(拡張子 .ly)

上記のsample.mjbを、Band-in-a-Boxデータに変換して、Band-in-a-Boxで読み込んで、ボサノバのリアルトラックのスタイルを指定したものが次のようになります。

参考

広告

[amazonjs asin=”4799801260″ locale=”JP” title=”万能おまかせ作曲ソフトBB22入門ガイド 〜プロも納得! Band-in-a-Box22を使ってオリジナルミュージックを簡単に作ろう”]

[amazonjs asin=”B00LWJOEI2″ locale=”JP” title=”Band-in-a-Box 22 for Windows MegaPAK 解説本付”]

関連投稿