Android端末内の動画をApple TVにエアプレイできるアプリ「AllCast」

Apple TvはiPhoneやiPadの動画をテレビで見るための機器で、iPhoneなどと同じようにVoiceOver(ボイスオーバー)という画面読み上げ機能があり、視覚障害者(全盲)でも便利に操作することができます。

Apple TV単体でも、YouTubeやDailymotionの動画を見たりすることもできます。ただしアルファベット入力での検索しかできないので、日本語を入力したいときはiPhoneなどのApple Remoteというアプリを使わなければなりません。

有料でアニメや海外ドラマの吹替え、日本の古典的な映画などを見ることができるHuluや、アメリカの音楽ライブの動画を見ることができるQello ConcertsもVoiceOverの読み上げを聞きながらApple TVのリモコンで操作するのは、パソコンやスマートフォンのアプリ版より操作がしやすいです。

Androidのスマートフォンやタブレットに保存されている動画でも、このApple TVを使ってテレビに映すことができるアプリがいくつかあるようです。

私が使いやすいと思ったのは「AllCast」という500円くらいの有料のアプリです。このAllCastはApple TVだけでなくChromecastやXbox360にも対応しているそうです。

無料版がありますが、これは5分だけ再生できるという制限があります。

Android端末がiOS端末より使いやすいところは、パソコンに保存している音楽や動画をコピーするのが簡単というところです。

iPhone/iPod touch/iPadに音楽やビデオを転送するにはiTunesを使うか別の何かアプリを使わなければなりません。

しかしAndroidのスマートフォンやタブレットでは、ケーブルで接続すればUSBフラッシュメモリと同じようにデータのコピーをすることができます。

もちろん、Android端末はMHLのケーブルでテレビに接続すれば動画を移すことが可能ですが、テレビの設定などによってはうまくいかないこともありますし、無線LANで、ケーブルを接続しなくても使えるのは便利です。

参考

広告

[amazonjs asin=”B007JQGUW0″ locale=”JP” title=”Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A”]

[amazonjs asin=”B00KGVN140″ locale=”JP” title=”Google Chromecast ( クロームキャスト ) Wi-Fi経由 テレビ接続 ストリーミング / HDMI / 802.11b/g/n / 1080p ) GA3A00035A16″]

関連投稿