視覚障害者にも使いやすい音声編集ソフト「WavePad」の無料版を使うには、一度アンインストールして再度インストールする

いくつかのホームページやTwitterの書き込みなどを見ると、視覚障害者(全盲)が画面読み上げソフトで使いやすい音声編集ソフトとして「WavePad」というソフトがフリーソフトとして紹介されています。

しかし私が試した環境では普通にインストールしただけでは使用期限のある有料版のデモソフトとしてインストールされてしまい、何度か編集・保存を繰り返すと、有料版の購入を促すメッセージが出て、使用できなくなりました。

有料版のデモと無料版のダウンロードするリンクが違うという説明があるのですが、私が試した限り、どちらをダウンロードしても有料版のデモになっているようでした。

インターネットで検索すると、再インストールすると無料版として使えるという書き込みがあったので試してみると、その通り、うまく行きました。

無料版と有料のマスター版にはもちろん機能の差がありますが、.wav音声ファイルの切り貼りや、速度/ピッチの変更、ノイズ除去など無料版でも十分いろいろな作業が行えて、とても便利です。

マニュアルにも特に説明がないようなので、どういうことかよく分かりませんが、とにかくWavePadのサイトで「無料版のダウンロードはこちら」のところからダウンロードしたファイルを一度インストールして、使用期限が切れた後にアンインストールし、もう一度インストールしなおすことで、やっと無料版として使えるようになりました。

スクリーンリーダー(画面読み上げソフト)NVDAでのメニューの読み上げに対応しており、キーボードショートカットでも必要な操作を行うことができます。

オーストラリアの会社のソフトですが、マニュアルもメニューもきちんとした日本語になっていて、それもわかりやすくて使いやすいです。

参考

広告

[amazonjs asin=”B001BKTIFQ” locale=”JP” title=”Creative USBオーディオ Sound Blaster Play! SB-PLAY”]

関連投稿